ぼやき言の部屋

ec2-100-26-176-182.compute-1.amazonaws.com , 219103rd


2019年11月14日(木) かしまの分解天国 (アンテナアナライザ MiNi 1300)

・アンテナアナライザ MiNi 1300 (20,333円)

元は EU1KYという人が作った FAA-450というアナライザで、STの STM32-F7評価ボードに
高周波フロントエンドを付けて動作する製作品らしい。 フロントエンド基板のみとかでも
部品で流通していたりする。 MiNi 1300(600もある)は、大陸の人がこいつを金属ケースに
ぶっ込んで完成品として売っているもんだ。

サポートサイトが無いので使い方とかファームのupとかどうやって良いのかイマイチではある。
手持ちのクリスタルフィルタを繋げて測定してみたが、何となくの測定値は得られるみたい。




2019年11月13日(水) Huidu HD-D15のコンソール接続

基板上の CON1にコンソールシリアルが出ていた。

[CON1] JST PH6
1.AUX Rx(in) 2.AUX Tx(out) 3.GND
4.Console Rx(in) 5.Console Tx(out) 6.+3.3V

通信は 115.2kbps S8N1。 uboot起動の Androidなので /etc/shadowのハッシュ
文字列をメンテナンスモードで eMMCから吸い出してGPU総当たり系の解析ソフトに
突っ込むとパスワードが得られる。(かもね)

ちなみにネットのポートは、制御ソフト用の 9527番のほか、6666, 9528, 10001が
開いていて、telnetの 23も使用できる。 telnetでログインが可能。

ブートログ


2019年11月13日(水) かしまの分解天国 (Huidu HD-S108 外付センサーBOX)

・Huidu HD-S108 外付センサーBOX 2,317円

I2Cバスにセンサチップがぶら下がっているだけだろ?と思ったら、ちゃんと
マイコン(GigaDevice GD105RBT6)で制御されていた。

DSUB-9ピンはLV-TTLの非同期シリアル 9,600bps S8N1で本体と通信している。
独自センサー付けて遊べるかと通信解析してみたが、チェックサムの計算が独自な
ようで完コピは断念した。CRC32/BZIP2で計算すると最後尾 4バイトのうち頭の
2バイト目以外は一致した数値になるのだが、2バイト目の値はどうなっているのかは
見当が付かなかった。脳ミソCRCな専門家が眺めるとすぐに判るのかもね。

[基板側コネクタ] JST BH4メス
1.+5V 2.Tx(out) 3.Rx(in) 4.GND

[BOX側] DSUB-9
2. Tx(本体Rxへ) 3. Rx(本体Txへ) 5.GND 6.+5V (1,4,7,8,9 NC)

通信ログ


2019年11月13日(水) かしまの分解天国 (Huidu LEDコントローラー用WiFiカード)

・Huidu LEDコントローラー用WiFiカード 2,075円

ボード上の miniPCIeソケットに装着する WiFiカード。RTL8188のUSBモジュールが
貼ってある。 ちなみに、スロットに汎用のminiPCIe WiFiを挿しても認識しないが、
基板横のUSBポートに RTL8188入りUSB WiFiドングルを挿すと普通に認識して使える。
USBポートに動画用Flashを付けないのならそれでOK。


日付順 1 - 4


E-mail [注意]不適正な題名は即座ゴミ箱、名前を名乗らぬ者への返事はしない事があります。フリー系メールからは自動的に拒絶する場合があります。
-- LINK FREE --
 
HOME LAST